ブログトップ

TAKASHI TSUDA / hofli WEB SITE

hoflisound.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スティルライフ『夜のカタログ』

d0203641_09425711.jpg
全10曲
トレーシングペーパーのカバー付き大判紙ジャケット
8ページブックレット

アートワーク:富田惠子(銅版画)+川本要(デザイン)
マスタリング:庄司広光(皿disc)
ライナーノーツ:福島恵一(音楽批評)

レーベル:THE ETHNORTH GALLERY
発売日:2014年12月3日
価格:2,400円(税抜)


*


「夜のカタログ」について

山を見て、美しいということがあるでしょう。尾根の繋がりを、木々の作り出す濃淡を、わき出すような霧の動きを見て面白いなと思う。やがて注意深くなり、周囲の台地と麓の継ぎ目を探したり、稜線の角度の違いに気がついたりして、改めて、地中からのエネルギーを受け止め、大地が不思議な均衡を得るに至った経緯を想像してみたりする。またこうした線や形と、そこに落とされる光と影から、ダイナミックな力動を体感的に覚えて、自分もまた日常を、複雑にかかる力の中でぎりぎりのバランスを保ちながら存在しているということが、わかる。

山に入り、今度は目を閉じて、そして耳を澄ましてみる。風に揺れる木々の音、雨の当たる音、虫や鳥や、生き物の鳴く声。いい音が聞こえてきますね。そこでスティルライフの二人はポンと手を打つ。木を叩く。筒を吹く。それを録音して、我々が聞かせてもらう。彼等が何故そのようなことをしたかといえば、わかったからではないでしょうか。山の振動を。山の無限に凹凸する表面が振動する様を、彼等の体が理解した。この感じは知っている、普段気には留めないけれど、いつも感じていた、音の由来。そのようにすみやかに。

こうした類の世界の把握というものは、知識に基づくそれとは一寸違って、証明するのが難しい。まあ、そうする必要も無いのかもしれないが。その人個人の幸福は、閉じたものであっていっこうに構わないのですから。手を打つ。木を叩く。筒を吹く、そうこの感じ、山の音もまた同じ。でも、それは教えるようなもんじゃない。

このCDを聞いて驚くのは、どんなものでも作品というものが持つ気負った印象を全く受けない、ということでした。音は立派なものです。木立の立てる音や虫の声をここまでブーストして、なおかつ耳になじむ状態で鳴らされているものを私は知りません。ですから、環境録音(の作品)としては十分成り立っています。そして同時に思うのは、これは与えられたものではないということ。聞いてくれ、とはいわない。作品がまとううっとうしさ、禍々しさと無縁の、なんでしょう、音ですね。芸術というのは、それを作った人の、理解の過程でたまたま産み落とされて、見聞きする人には、また別の理解への入り口として機能する。そのような有り難い印象を持ちました。

AMEPHONE

























.

[PR]
by hofli_works | 2014-10-30 10:05 | スティルライフの作品

スティルライフ index

d0203641_22203972.jpg

スティルライフ『夜のカタログ』

stilllife『archipelago』



























.

[PR]
by hofli_works | 2014-10-29 22:21 | スティルライフの作品

『十二ヶ月のフラジャイル』ツアー

◎かねてより予告していましたアルバム『十二ヶ月のフラジャイル』いよいよ発売となります。
◎『十二ヶ月のフラジャイル』は、札幌を拠点に活動するデザインユニット・drop aroundとのコラボレーション。季節を象った12曲を収録したCDと、drop aroundのカレンダーで構成されます。
◎10月13日のイベント時より発売開始予定です。お取り扱い店については別途お知らせします。
◎発売に関連して、札幌ー東京ー福岡ー関西での演奏を予定しています。またこのツアーの合間のワークショップやトークイベントでも販売いたします。


SAPPORO

◉インスタレーション「循環するフラジャイル」/
ワークショップ「みみをすます in 北海道大学植物園」/親と子のためのワークショップ「みみをひらく おとの環 」/CD+カレンダー発売記念LIVE『十二ヶ月のフラジャイル』

詳細はこちらの特設ページをご覧ください。



TOKYO

◉hofliアルバム発売記念サウンドパフォーマンス「十二ヶ月のフラジャイル」

日時 :2014年10月24日(金)オープン19時30分/スタート20時30分(22時ごろ終了予定)
会場 :書肆サイコロ
    東京都杉並区高円寺北4-31-16
料金 :2,500円(ドリップ珈琲/ドリンク付き)

お申し込み・お問い合わせ:書肆サイコロ
saicoro@frimun.info/080-4321-3156


◎メールでお申し込みの場合、タイトルを「10月24日予約」として、お名前、人数、当日連絡先を表記ください。お席に限りがございますため、なるべくご予約くださるようお願いいたします。◎atelier drop aroundでのイベント「drip drop + 水の記憶」でもご一緒した「日曜喫茶」かずさんの、丁寧にドリップした珈琲もおたのしみください。珈琲が飲めない方には、別途ドリンクをご用意いたします。

PNdB-atelier+書肆サイコロ+日曜喫茶



FUKUOKA

◉hofliアルバム発売記念サウンドパフォーマンス「十二ヶ月のフラジャイル」

日時:2014年11月22日(土)オープン18:00/演奏スタート20:00
福岡市中央区赤坂3-9-28 ロフティ赤坂2F
料金:2,500円
お申し込み/お問い合わせ:Gallery MORYTA
http://www.g-morita.com/

◎演奏の前に、『十二ヶ月のフラジャイル』に収録されている音源を使ったサウンドインスタレーションを体験できます。どうぞお早めにご来場ください。◎みみをすませて巡る季節の匂いや感触を感じる、一夜限りのサウンドインスタレーション/パフォーマンスです。

企画制作:PNdB-atelier + albus + Gallery MORYTA


AWAJI-OSAKA-NARA


◉hofliアルバム発売記念サウンドパフォーマンス「十二ヶ月のフラジャイル」淡路〜大阪〜奈良

◎津田貴司のソロプロジェクト・hofliのアルバム『十二ヶ月のフラジャイル』発売を記念して、淡路〜大阪〜奈良でサウンドパフォーマンスを行います。◎『十二ヶ月のフラジャイル』は、札幌を拠点に活動するデザインユニット・drop aroundとのコラボレーション。季節を象った12曲を収録したCDと、drop aroundによる2015年度版カレンダーで構成される「音で巡る暦」です。◎みみをすませて、巡る季節の匂いや感触を感じる、一夜限りのサウンドパフォーマンスです。


12.12 AWAJI

日時 :2014年12月12日(金)オープン19時30分/スタート20時00分

ゲスト:fuuyamn(絵)

会場 :SPACE233

    〒656-0025兵庫県洲本市本町5-3-2

    http://5-233.net/

料金 :2,000円(+ドリンク・オーダー)

お申し込み/お問い合わせ:SPACE233

電話 :0799-20-4488

メール:hiramatsu@hgumi.net

◎第二部では、淡路在住の絵描きfuuyamnとのコラボレーションを行います。


12.13 OSAKA

日時 :2014年12月13日(土)オープン19時00分/スタート19時30分(21時ごろ終了予定)

会場 :iTohen

    〒531-0073大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F

    http://www.skky.info/

料金 :2,000円(+ドリンク・オーダー)

お申し込み/お問い合わせ:iTohen

電話 :06-6292-2812

メール:ito_hen@skky.info


12.14 NARA

日時 :2014年12月14日(日)オープン15時00分/スタート17時00分

会場 :日+月+星

    〒630-8112奈良市多門町35-2

    http://sun-moon-star.jp/

料金 :予約2,000円/当日2,500円(ドリンクなし)

お申し込み/お問い合わせ:Pastel Records

http://pastelrecords.cart.fc2.com/

メール:info@pastelrecords.com

◎「日+月+星」へのお問い合わせはご遠慮下さい。

◎オープン時から演奏開始まで、『十二ヶ月のフラジャイル』に収録されている音源を使ったサウンドインスタレーションを体験できます。どうぞお早めにご来場ください。


企画制作:PNdB-atelier +ねこのて舎+SPACE233+ iTohen +Pastel Records
[PR]
by hofli_works | 2014-10-08 09:01 | お知らせ