ブログトップ

TAKASHI TSUDA / hofli WEB SITE

hoflisound.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

初期の作品

hofli名義での初期作品。すべて廃盤。
ほかにあった気もしますが。。

■ hofli『Optics of the Garden』(左上)
2001年度作品。ギターの即興演奏を断片化しコラージュした作風。

■ hofli『Temps de Mousse』(右上)
2002年度作品。同じくギターの即興演奏を断片化しコラージュしたもので、最初期の習作も含む。

■ hofli『plankton』(左下)
2001年に制作した音源を2003年に音源化。ギターのコラージュだが、当時の「音響派」的なアプローチによる作品。2曲入り30分程度の小品。

■ hofli『humidity』(右下)
2003年度作品。30分程度の長尺一曲。「湿度」をテーマにギターとMAX/mspで即興演奏したもの。

d0203641_12203680.jpg
























.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-25 12:20 | hofliの作品

UMU REMIX

ASUNAの運営する3 inch mini CD専門レーベルaotoaoのコンピレーション「UMU REMIX」にラジオゾンデとして参加。ラジオゾンデのセカンドアルバムでもコラボレーションをしているsawakoのトラックを元に、1分の楽曲を制作しました。

d0203641_1562393.jpg


UMU remix(ウム・リミックス)/V.A

aotoao-07
3 inch mini CD
¥1,050-

more info

UMU remix
(REMIXER) / (UMU orginal)
1. asuna / aoyama masashi - UMU 01
2. the medium necks / violet - UMU 02
3. shibata / seiji sugiyama - UMU 03
4. askococo / ami yoshida - UMU 04
5. OPQ / voima - UMU 05
6. v.o.c / potoratch - UMU 05
7. 3000ndl / nentegaine - UMU 05
8. radiosonde / sawako - UMU 05
9. family basic / asuna - UMU 05
10. minoru sato (m/s, sasw) / utah kawasaki - UMU 06






































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-25 01:56 | ラジオゾンデの作品

water music(commune disc)

hofli「ハッカ水」収録。2006年発売。

d0203641_10233289.jpg


http://communedisc.com/

V.A. / water music (com52) ¥1680

1 monospin / 霧
2 valyushka(a.k.a opitope) / rain visor
3 aen / cloud pattern
4 DJ Peaky / SUIDOKAN
5 aen / 2 lines
6 monospin / 水
7 mondii / FLOOD
8 町田良夫 / winter water
9 archipelago / idea
10 hofli / ハッカ水
11 tRAP / Live Improvisation"water"
12 波多野敦子 / duo
13 ueno takashi+saya / つつつゆ -tututuyu-























.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-24 20:41 | hofliの作品

a certain aquarium(360°records)

hofli「mineral」収録。廃盤。

d0203641_10422728.jpg


CD/14tracks/66'48" /360R24/1,890yen(税込)

「未来の水族館」をテーマとした360゜recordsの名盤コンピレーションアルバム。ほかにAsunaや南波一海(ex.□□□)、sketch showのアコーディオン奏者でもあるme_miらが参加。

01. me_mi / little prayer
02. mondii / skimming
03. asuna / manta
04. koutaro fukui / hana
05. namba kazumi / acryl panel
06. namba kazumi / tontonmi
07. namba kazumi / whaleshark
08. yukyu urasaki/ garden
09. asuna / tem petals, sea bed breeze
10. koutaro fukui/ kanjounoikou
11. pure_minus / the afternoon aquarium where the space was put off
12. sokkelo / underwater breathable foot
13. hofli / mineral
14. asuna / submarine swimming
































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-24 20:40 | hofliの作品

contact

d0203641_18482845.jpg
演奏、インスタレーションやワークショップ等の企画のご相談、
また録音やミキシング、原稿執筆等のご依頼は、下記のアドレスにお気軽にメールください。

pndb◎tt.rim.or.jp(◎を@に変えて送信してください)

企画概要やスケジュール、録音などの場合は技術的なことなど、じっくりお話しした上で進められればと思います。よろしくお願いいたします。



















































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 22:03 | コンタクト

Sans Deer『Sans Deer』

6曲目収録の「untitled Ⅵ」のサウンドスケープ素材の録音と楽曲のミキシング、再構成を担当しました。2010年12月12日リリース。

d0203641_1127758.jpg


Sans Deer

作品紹介ページ
FALL





















































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 17:42 | その他の参加作品

ラジオゾンデ『radiosonde』

d0203641_13245913.jpg


気象観測気球から眺めた風景についての 11篇のものがたり。
あるいは、上空30kmの高処から舞い落ちてきた 11葉の絵はがき。
セルフタイトルを冠した ラジオゾンデのセカンドアルバム。

*

FLAU18 / 2010release / 2100yen

*

improvised / composed and performed by
radiosonde ;
Hayato Aoki...guitar,chroma harp
Takashi Tsuda...guitars

sound modulation on # 9
by Hiromits Shoji

sound process on #3, voice on # 5, and soundscape on #10
by SAWAKO

Recorded
by Hiromits Shoji, # 1, 2, 7, 8, 9
Ohmi-gakudoh, on october 21, 2009

by Takashi Tsuda, # 1 ~ 6, 10, 11
PNdB-atelier, on november 20, 28 & 29, 2009
Jiyu Gakuen myounichikan, on november 17 & 18, 2008

Mixed by
Hiromits Shoji at sara disc, # 1, 2, 7, 8, 9
Takashi Tsuda, # 2, 4, 6, 11
SAWAKO, # 3, 5, 10

Mastered by
Hiromits Shoji at sara disc, on january 14, 2010

drowing by nakaban
design by Hayato Aoki

*

1. up to the sky / altum
ラジオゾンデの放球実験に立ち会ったことがある。1月末の冷え込んだ日、風が強かった。気象観測気球は上空30kmまで上昇するという。想像もつかない空の高処からかすかに送信されてくる、気温や湿度、風力、風向。

2. blue flag on the hill
気象観測気球は、ある高度まで上昇すると水平浮遊と呼ばれる段階に移行する。雲の切れ目から、地上の風景が懐かしく垣間見える。丘の上には、青い旗がはためいているのが見える。

3. westerlies
偏西風に乗った分厚い雲は、西から東へ。その雲を通り抜けて気球はどこに行くのだろうか。SAWAKOによるサウンドプロセスとミックスが、エンディングの青木のギターソロへと移行していく。

4. monsoon
南東方向からの湿った季節風は、南の海のイオンを乗せた新鮮な空気を町に運んでくる。ひょうきんな掛け合いで奏でられる捏造ガムラン。

5. cirrus
気球は風を超えて、さらに上空へ。巻雲のように漂うSAWAKOのハミング、空気はさらに稀薄になり、空は硝子の色。憧憬としての科学、理知としての叙情。

6. equinox
凪の時間というものがある。熱気球の上で操縦士は束の間の午睡に落ちる。地上で牧童は顔に麦わら帽子をかぶせて寝転がる。彼等がどんな夢をみたのかは知らない。

7. cumulonibus
沸き上がる積乱雲のように、音は近江楽堂の壁に反射しながら風景を描き出していった。全く打ち合わせなしに行われた、ギターの特殊奏法による即興セッション。

8. troposphere
対流圏。青木の弾くクロマハープが、空気の層のゆるやかな入れ替わりのように上昇と下降を繰り返す。地平線にはカルデラ地形が見える。

9. green path
林の中の小径が見える。上空から、その小径の行く先を追う。soundwormこと庄司広光によるサウンドモジュレーションが、ラジオ電波のように地上と上空との間を交信している。

10. windcoming
風が吹き、地上では次の季節の気配を感じて人々は空を見上げる。風がやってくる。町往く人々はみみをすます。SAWAKOによるサウンドプロセスと都市の風景。

11. april
四月、花曇りの空に浮かぶ気象観測気球を想像してみる。淡々と、季節は足音をひそめて遠ざかってゆく。SAWAKOのアルバム『madoromi』収録「april~from seashell」の原曲である。




































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 13:25 | ラジオゾンデの作品

津田貴司『風の輪郭』

2011年夏リリース。

d0203641_21474726.jpg


アーティスト:津田貴司
タイトル:風の輪郭
(STARNET MUZIK , ZN-1123 , 2500yen)

STARNET

*
いつも同じようであって、同じではない
様々な時間を伴い、変化していく
その流れを音で書きとめて、新たな風景として見せてくれる
このCDを聞く時、僕はいつも森に、海へと還って行く

---川崎義博(アーティスト)


*
soundscape recorded between 2001 ~ 2009
in YAEYAMA islands, TENKAWA village, and many other places
sound processed / composed between 2001 ~ 2009 by TAKASHI TSUDA
recorded at STARNET on 8th april 2010
all recordings & mixing by TAKASHI TSUDA in april 2010
mastared by SHOJI HIROMITS at sara disc in june 2010
photos by Kohshi Baba

*
制作ノート

風の匂いは 遠く近く 旅の記憶を運んでくる
その輪郭を 音によって象ってゆく
かぎりなく気配に近い 静謐な音響写真集


このアルバムは、これまでhofli名義で製作してきたサウンドスケープに基づいた作品の集大成とも言えるものである。
2001年頃から製作してきたこれらの楽曲は、全て何らかのフィールドレコーディング音源を電子変調、もしくはその音風景に沿って楽器や音具を演奏したものであり、音風景から心象を「抽出」することに主眼があてられている。
今回『風の輪郭』というタイトルで作品としてまとめるにあたって、すでに発表した楽曲のフレーズや音響も、全てSTARNETにてTaguchiの無指向性スピーカーから流したものにマイクをあて再録音し、再構成している。

1.「朝凪」
朝凪の浜辺で録音した波音から音の揺れを抽出、波音の強弱がたゆたう音像に変換されている。
かすかに聞こえるのは千鳥の声だろうか。風がそよぎ始める前の、静止した時間の層である。

2.「みぎわ」
水にまつわる楽曲のうち、もっとも古いもののひとつ。水の入った小さな瓶や巻貝の貝殻で演奏した音を変調。
海風から竜宮へと連なる経路を辿るように徐々に音像が変化し、最後はゆらめく倍音の渦に飲み込まれていく。
ここでは水そのものではなく、風や意識の流れをテーマとしている。

3.「ひだまりひろば」
檜原村にて録音した山風の音に基づいて製作。
いつしか記憶は益子の里山と重なり、穏やかな風の吹く日当りのよい草地を思い浮かべた。
下草は乾いて、背中に当たる陽光があたたかい。

4.「岬への小径」
竹富島、黒島を旅しながら録音したときの心象である。
光はまばゆく、風は潮の薫りを含み、珊瑚砂の細道はまっすぐで、なにもかもが白い。
森羅万象の響き合う様は静謐で、いつまでもただ光を浴びていたいと思った。

5.「銀の雫」
森を散歩している時に見つけた湧き水は、水琴窟のような響きを奏でていた。
木陰で風はそよぎ、光は穏やかに揺れていた。
変調は一切加えず、ほぼ録音したままの音源である。

6.「椎の森を抜けて」
岬からの帰り道、椎の森を抜けて、木陰の小径をたのしむ。
太陽はゆっくりと傾き、風がひんやりと心地よい。あたりは蒼く、コノハズクが鳴いている。
この音は風に乗って、益子の森で感じた心象と重なった。

7.「桟橋あたりで」
桟橋あたりでみみをすまして佇む。潮の引いた干潟では、ちいさな生物がぷくぷくと呼吸していた。
風はそよそよと流れ、空に星座が瞬きはじめ、神話的な時間の流れを感じた。

8.「天の河」
アルバム冒頭からリフレインして、風は凪いでいる。
ギターによるテーマは、くり返す波の周期に沿って演奏したもの。
このテーマが入るところから、一気にあたりは天川の深山の風景へ。
清冽な谷川の音を聴きながら、心象は天空へと向かう。






























.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 12:28 | 津田貴司の作品

場所と響き〜ラジオゾンデ・インタビュー

雨と休日・寺田俊彦氏によるラジオゾンデへのインタビュー。
主にセカンドアルバム『radiosonde』制作についてお話させていただきました。
ラジオゾンデの音作りの核心に迫る充実した内容です。

雨と休日インタビューページ

d0203641_17333615.jpg




















































.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 11:01 | 記事・原稿など

ラジオゾンデ『sanctuary』

d0203641_10581550.jpg


気象観測気球から眺めた 音の風景画。
STARNET ZONEをはじめ、場の気配との対話によって紡がれた
九篇の演奏を収録。

*

タイトル:sanctuary
アーティスト:ラジオゾンデ
企画販売:STARNET MUZIK
販売日:2009年3月30日
定価:¥2,500(税込み)
品番:ZN-1119
フォーマット:CD
STARNET MUZIK 作品紹介ページ  試聴可!

*

ラジオゾンデは、日に2回放たれる。
湿度や気圧を測りながら上昇。
約30kmの高さで気球は破裂し、
観測器はパラシュートをひらいて、地上に降りてくる。

空の上のラジオゾンデは、静寂の中にいる。
空気とともに動くので風は感じない。
動いているのは自分ではなく、世界の方だ。

ラジオゾンデの行く先は決まっていない。
偏西風にのって海へ向かうものが多いが、
最初に放たれた、もとの場所に戻ってくることもある。

ラジオゾンデ(気象観測気球)について書いていたら、
そのままラジオゾンデの話になった。
これは彼らの、
彼らと環境の合奏による、ファーストアルバムです。

──西村佳哲(リビングワールド)

*

制作ノート

作品としては、これが実質上、ラジオゾンデのファースト・アルバムとなる。

レコーディング・セッションは、2008年9月8日、益子・STARNET ZONEにて、また11月17日18日の二日間にわたり東京目白・自由学園明日館にて、行なわれた。基本的にマイキングは津田によって、その他のセッティングやレコーダーの操作もラジオゾンデ自身の手によって行なわれている。レコーディング・スタジオの密室ではなく、外部の音や空気が入る空間でのセルフ・レコーディングである。

このアルバムは、即興的な演奏をハードディスク上での波形編集によって構成する、という手法で作られている。ただしカットアップ/リミックスではなく、演奏自体が持つ時間感覚にそって、原形に近い形で編集している。また、ほぼすべての音は空気を介して録音されている。ラインで録音した曲も、おおまかに編集したのち再びアンプから音を出し、マイクを立てて、その場のアンビエンスと共に録音しなおしてある。プラグインのエフェクトは施さず、各音像の、とりわけリバーブと呼ぶべき空間的ニュアンスは、オン・マイクとオフ・マイクのミックスバランスで表現している。したがって、よく聴くと、どのトラックにもその場の気配や記憶が漂っている。

こうした愚直とも言える方法論をとった理由は、ラジオゾンデの音楽が日付けと場所に基づいて演奏されたものである、ということの証しでもある。ミックスは、2008年12月から2009年1月にかけて津田の自室にて行なわれた。


1. air
STARNET MUZIK SOUND FESTAにおけるライブの翌日、9月8日。まだ蒸し暑くはあるが、その夜を境に確実に秋が訪れたSTARNET ZONEにて録音。空間中央に4本のコンデンサ・マイクを上方を向けて逆四角錐状にセッティングし、その周囲を廻りながら、クロマ・ハープとベルを演奏した。ヘッドホンで聴くと音が頭の周囲をゆっくり旋回するのがわかる。「気流の鳴る音」のイメージである。

2. swallow
即興演奏だが、青木の点描的なギターと、津田のハーモニクスによるドローンという、ライブでもよく演奏する場面である。ラジオゾンデには楽譜はないが、奏法のみ記した構成表を作ることもある。これも「点描/ハーモニクスのドローン」とだけ書かれている。明日館にて録音、バックにヒヨドリの声がかすかに聴こえるが、タイトルは「swallow」。音の印象からツバメの飛翔の軌跡をイメージしながらミックスした。

3. sign from the north
明日館にて、あらかじめ想定した全メニューを録音し終えたのち、青木がガットギターを弾き始た。それに津田が応える形ではじまった即興セッションである。この日、北から渡ってきた何種類もの冬鳥が季節の変わり目を告げていた。互いに探りながら20分近く演奏したものをエディットして構成。独奏ではじまったガットギターの訥々とした爪弾きが徐々にオフマイクの音に溶け入り、やがてオン・マイクで拾ったエレクトリック・ギターの弓奏ドローンに飲み込まれる。マイキングによる音像の違いを活かしてモンタージュを試みた。

4. floating over the forest
津田による、ギターの弦を自作マレットでスクラッチする奏法ではじまり、青木がアルペジオでそれに応える。これも即興的な展開の演奏であるが、ほぼセッションのすべてを収録。扉も窓もすべて開け放った状態のSTARNET ZONEで環境音ごと録音されており、バックに蝉時雨が聴こえる。その向こうの、益子の森の上に浮かぶ気象観測気球を幻視。静謐さとは、必ずしも音量や音数の問題ではない。

5. noon
タイトルどおり、正午ごろSTARNET ZONEにて収録。4.と同様、同条件での即興演奏である。蝉時雨の凪のような時間がふいに訪れ、その空気感を活かすべく、オフマイクを大きめにミックスした。そのときの記憶のせいか、陽の翳りや気温・湿度も思い浮かべることができるが、録音時の状況を知らないリスナーにとってはどんなふうに感じられるのだろうか。

6. conifer
ライブで何度か演奏し、曲としての体裁ができている。STARNETにて演奏された青木のアコースティック・ギターと津田の弓奏をベーシックに、青木のコーラス・フレーズとスライド・ギターを重ねた。これらは普段はサンプリング・ディレイを使ってリアルタイムで重ねているが、今回は青木はアンプを通さず生で弾いており、別録したものを重ねた。スライド・ギターは津田がのちにトリートメントを施し、ラップスチール・ギターのような音色になっている。音の隙間に聴こえるのはヤマガラのさえずりである。

7. sparrow
明日館にて録音した即興演奏。ささやくような二本のギターによる中心のない音粒が、メジャーとマイナーのコード感の合間をどこにも行かずに漂う。これも互いに探りながら15分くらい演奏したものをエディットした。大きな展開のない、たゆたうような演奏のうち、収録したのは全体の中程の部分である。ツバメの飛翔に対して、スズメの群れが雲のように伸びちぢみしながら空を舞う姿を連想した。

8. moon
陽の落ちたSTARNET ZONEにて録音。ロング・ディレイによるギターの反復が、旋回しながらゆるやかに変化し続け、蒼い月夜に森を散歩しながら思索するように、ルナティックに盛り上がってゆく。25分にも及んだ即興演奏から抜粋。後半、Ebowによるロング・トーンが聴こえる。バックで鳴くコオロギの声が漆喰の壁に反響しており、それも含めて音響として構成。映画におけるワンシーン・ワンショットのような15分近い長尺である。

9. flight in the stellar
ライブのエンディングでよくやっていた曲。いくつかの展開パターンがあるうち、うまくいった演奏の構成を明日館にて再現した。2テイク録音したが、演奏のまとまりよりも冴えを重視して、結果的にテイク1を採用。津田がハーモニクスのパートをさらに重ね、音響工作的なトリートメントを施している。星空のなかを上昇する気象観測気球のイメージである。



























.
[PR]
by hofli_works | 2010-11-23 10:58 | ラジオゾンデの作品